専攻科の技術英語 & プレゼンテーション

 鷹林です。さて、専攻科1年(6E)の前期では、技術英語の授業があります。Eコース教員が専門の英語を授業します。

 今年度は、新任の石橋先生と鷹林が週1回ずつ受け持っています。

 鷹林担当分は、英語の物理教科書を読んで、プレゼンテーションにまとめるスタイルです。大学の研究室で行われる雑誌会のようなものです。雑誌会とは、持ち回りで専門の論文をまとめて発表する会です。ただし、6E学生は別々の研究室に所属しており、それぞれ専門分野が異なりますので、統一できる教科書を題材に用いています。

 教科書は、「R. A. Serway and J. W. Jewett, Jr., “PHYSICS for Scientists and Engineers with Modern Physics”, 9th ed., Brooks/Cole (2014).」としています。その中で、本科4E 電気磁気学IIで学習した電磁波を皮切りに、相対性理論や量子力学を題材にしています。

 Eコースでは、3E 専門創造演習、3E 課題研究II、4E 創造設計基礎演習、そして卒業研究と、段階を踏んでプレゼンテーションの技術を磨いていきます。6Eともなると、内容の理解力もさることながら、プレゼンテーションの技術も確かです。

相対性理論における世界線を説明しています。
相対性理論におけるエネルギーを説明しています。

インターンシップ

 鷹林@4E担任です。ただいま4E学生は、夏季インターンシップを申し込んでいます。

 ここ2年間は、コロナウィルス蔓延の世情のためにインターンシップは中止となっていましたが、今年は解禁されています。

 エネルギーコースは各社に1人ずつ派遣する方針で行きますので、担任として希望者を調整しながら、申し込ませています。

 受け入れて下さる企業の皆様には、鷹林と各学生からご連絡申し上げます。担任の欲目かもしれませんが、どの学生も自信を持って推薦できます。ご指導の程宜しくお願いいたします。

 まだ若い学生さん達は、見えている世界が狭いです。インターンシップを通じて、世の中の広さを経験し、一回り成長して欲しいと願います。

 ちなみに先月行われたクラスマッチですが、各種目勝ち進んでいったら、ことごとく5Eと当たってしまい、ことごとく負けてしまいました。上級生ということで、良しとしましょう。

クラスマッチを終えての集合写真です。

クラスマッチ(旧球技大会)で5Eが最優秀クラス受賞!

5/20に,感染症対策を徹底しながらクラスマッチが行われました.今年は,新種目モルックを含めて,ソフトボール,バレーボール,ソフトテニス,ハチャメチャ卓球,卓球が実施されました.そして,ソフトテニスで優勝した5Eが,ソフトボールやバレーボール,モルックの成績もよく,最優秀クラスに選ばれました.いろんな制限下の中,学生たちが楽しみにしていたイベントが実施できたことは良かったです.

ソフトボール1
ソフトボール2
ソフトボール3
モルック
ソフトテニス
ソフトテニス優勝
最優秀クラス表彰

環境省全国高専ピッチファクトリーで銀賞受賞

 環境省が主催する「2021年度全国高専ピッチファクトリー」において、5E 塚嵜 琉太君らの有明高専チームが銀賞を受賞しました。

 詳細は、有明高専メインページにて報告されています。

 塚嵜君は他にも4E時代に、文部科学省主催「トビタテ!留学JAPAN」でも活躍しております。

 このような学生時代でしか得られない経験は、何事にも代えられないものだと思います。

 塚嵜君は、卒業研究でも引き続き活躍中です(その1 その2 その3 その4)。