「公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団」から研究助成を頂くことになりました!

池之上です。久しぶりの投稿となります。皆様,いかがお過ごしでしょうか。

さて,タイトルの通り,公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団の2021年度国内研究助成に採択していただきました。

テーマ名:細菌叢-生物叢の関連解析による新規河川環境評価:正準相関分析を用いたキーストーン種同定アルゴリズム
※本研究は,CLコース内田准教授との共同研究です。CL学生(含,卒業生)にも協力していただいてます。いつもご協力ありがとうございます。

ICTなどの飛躍的発展に伴い,現代はデータの時代となり,多様で膨大なデータが日々生成・蓄積されています。これらのデータを分析し,効果的に活用できれば,新たな価値の創出に繋がると期待されており,データ分析・利活用の方法論である「データサイエンス」の重要性が認識されるようになってきました(「データサイエンティスト」が社会の様々な分野で求められています!)。

私の専門分野は「制御工学」「システム同定(統計的モデリング法)」という分野ですが,これらはデータに関連した数理分野であり,データサイエンスとの親和性が非常に高い分野です。
※池之上研究室では,データサイエンスに関連した分野(データ分析・機械学習・深層学習・人工知能)の研究も行ってます。

今回採択して頂いた研究課題は,「データ分析」に関する研究です。河川の環境DNA分析による細菌叢と生物叢の挙動データを用いて,各叢に影響を及ぼすキーストーン種を同定するアルゴリズムを開発し,その結果を新たな河川環境評価に繋げ,水環境保全への貢献を目指すチャレンジングな研究です。

「データ(=細菌叢と生物叢の挙動データ)」「分析・活用(=各叢に影響を及ぼすキーストン種を同定)」して,「新たな価値を創出(=新規河川評価法の創出・水環境保全への貢献)」する。
まさに,「データサイエンス」ですね!

財団関係の皆様に感謝申し上げます。

プログラミング教育支援講座の実施

令和3年7月28日,有明高専にて小学校教員に向けたプログラミング教育支援講座が尋木准教授により実施されました.

2020年より小学校ではプログラミング教育が必修化しており,大牟田市では「MESH」というプログラミング教材の使用が検討されています.今回の講座では小学校のプログラミング授業の参考として,MESHを用いたプログラミング授業の実演を交えた解説や演習が実施されました.演習では人感センサーや光センサーを使ってライトのオン・オフを切り替えるようなプログラムが作成されました.

今回の講座がプログラミング教育の活性化の一助となれば幸いです.

授業の様子
演習の様子

第2種電気工事士:上期実技試験直前

エネルギーコースでは資格取得支援の一つとして6/21より「第2種電気工事士:実技試験」に向けた練習会を開催しています.それから3週間と少しが経過し,いよいよ実技試験の本番が今週末に迫ってきました.

練習会に参加している学生たちも最後の追い込みに余念がありません.電気工事士の技能試験は素早さと正確さが求められます.指定された配線工事をミスなく限られた時間で完成させなければいけません.本番では実力を遺憾なく発揮し,資格をもぎ取ってきてください!

練習風景
作業中の様子
完成品の例

二年生コース見学会(令和3年度)

有明高専創造工学科の二年生は後期から所属コースを選択します.その選択の参考とするためのコース見学会が実施されました.エネルギーコースでは3つの実験室を回りながら,所属後に学ぶ内容(電力・電子・情報)についてのデモや解説を行いました.

コース選択は将来にかかわる大きな選択の一つですので,二年生の学生のみなさんには慎重に考えて自分が所属するコースを選んでもらいたいと思います.…とは言いつつ,コース見学で少しでも「面白そうだな」「すごいな」と感じた人はぜひエネルギーコースを選んでくれると嬉しいです!

雷放電実験
信号模擬装置電子回路の解説の様子
電子基礎実験室情報系の解説の様子