卒業研究発表会が行われました

令和6年1月24 , 25日に卒業研究発表会が行われました.指導教員のもと,1年間行ってきた研究成果についての発表でした.その1週間後、卒業論文の提出でした . 提出後には諮問会が開催されました . 5年生の皆様,お疲れ様でした.

第27回(2023年度)応用物理学会九州支部学術講演会発表奨励賞受賞!!

 昨年11/25(土)・26(日)に九州大学 伊都キャンパスにて開催された「2023年度応用物理学会九州支部学術講演会」において、5E 内藤 陽大君 (鷹林研究室)が発表奨励賞をいただきました。

 対象発表は、

氏名: 内藤 陽大
講演番号・題目: 25Bp-7・光電子制御プラズマによるグラフェンの構造制御 (I) ~ ラマン分光解析 ~
共著者: 田中 修斗1、福田 旺土1、山口 尚登2、小川 修一3、高桑 雄二4、津田 泰孝5、吉越 章隆5、鷹林 将1
(有明高専1、ロスアラモス国研2、日大生産工3、東北大マイクロ研究開発セ4、日本原研5)

です。

 本賞は1997年の創設です。選考対象は大学院博士後期課程までを含みますので、最年少学年となる高専本科5年生の受賞は特筆すべきものです。過去27年の歴史の中で、熊本高専(旧熊本電波高専)の学生4名が受賞しておりますが、有明高専としては初の受賞者です。

 応用物理学会は、会員総数12,000名を超える日本有数規模の学会の一つです。九州支部も同様に大規模で、主催する九州支部学術講演会の特徴として韓国と合同で行っています。本受賞により、有明高専ならびに本エネルギーコースの知名度を九州全域だけでなく、韓国へも広げることができました。

 3月下旬には全国大会が行われ、内藤君は引き続いて登壇します。九州に収まらず、全国でも表彰されるよう頑張っていってほしいと思います。

 誠におめでとうございます!!