English

鷹林です。

 私、前期は6E(専攻科1年)の英語(生産情報システム技術英語)も担当していました。英語といっても文法云々の話ではなく、英語で書かれた専門分野教材を用いて授業をするというものでした。

 というわけで突然ですが、日本人の英語についてちょっと考えてみようと思います。

 「日本人は英語が苦手」ということは、もはや国民の共通認識となっています。

 でも、果たしてそうでしょうか? 純言語学的に日本語と英語を比較してみますと、どう考えてみても、日本語の方が難しいです。単純に文字の種類を比較してみても。

 日本語を流暢に話せるほど高度な言語能力を持った我々日本人が、何故英語が苦手なのか?

 それはズバリ、「必要がない」からでしょう。

 我々は日常生活において、英語がなくても生きていけます。「Supermarket」に行っても、「○△×円になります~」と日本語で言われます。英語は我々にとって生活に必要不可欠な道具ではなく、単なるファッションです。日本語で書くよりも、英語で書いた方が何となくかっこいいと思うからです。特に歌謡曲なんかそうですね。それ、英語で言う必要あるの??

 これって、現代だけの現象でしょうか。いえいえ、違います。昔は漢語(つまり、中国語)が担っていました。例えば「あるく」と「徒歩」はどちらも同じ意味ですが、漢語で書いた後者の方がかっこよく見えます。そんなわけで、「漢文」という学問が現代に残っています。昔の人が訳しておけば終わりだったのに、仕事増やしよってからに・・・。

 こんなことは何も日本語だけの話ではなく、言語学的に外来語というものは高い地位におかれるようです。英語で「begin」と「commence」は同じ意味ですが、後者はフランス語由来なので、お堅い言葉として地位が高いようです。世界史で言う「Norman conquest」ですね。

 我々は(主に明治の)先人達のおかげで、母国語で学問を修めることができます。ご先祖さま、どうもありがとう。我々は電気磁気学(Electromagnetism)において、「Electric field」を「電界(@工学の人)」とか「電場(@理学の人)」という言葉で理解できます。ところが世界のほとんどの国では、母国語で学問ができません。自ずと英語の教科書で英語の専門用語を使わざるを得なくなります。FaradayさんもMaxwellさんも英国人です。そりゃ彼らが英語を話せるようになるのは当たり前です。

 英語の苦手意識の度が過ぎると、「英語が話せる人はとても優秀な人」という勘違いが生まれます。

 でもね。昔々、就職先で英会話教室が開かれていて、英語で短いプレゼンをするということになりました。私は不確定性原理というテーマで話をしたんですが、英語の先生は理解してくれませんでした。確かに、ガンマ線の観察の話でして、不確定性原理を正しく描写しているわけではなかったんですけどね。文法的には正しかったはずなんですが・・・。

 まとめると、明治維新頃の先人達のおかげで我々は母国語で学問ができ、世界に冠たる科学技術立国を作り上げることができました。でもその副作用として、英語を特に必要とはしない社会となりました。功罪いずれに在りや。

名誉教授称号の授与式がありました

令和2年8月19日(水),今年3月に定年でご退職されました泉勝弘先生の名誉教授称号の授与式がありました。長年にわたり有明高専の発展にご尽力いただいた功績を称えたものです。

泉先生,おめでとうございました \(^o^)/

これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>

(現在,嘱託教授として泉先生には引き続き専門授業を受け持っていただいております。)

電気磁気学

鷹林です。

 毎度Eコースと関係ない話ばかりを上げていますが、今回は(まじめに)コースで行っている授業を紹介します。

 私、電気磁気学(電磁気学)の授業を担当しています。電気磁気学は、コース配属直後の2年生後期から4年生前期までの計2年間あります。現在、2年生後期分(基礎電気磁気学)は南部先生のご担当で、私は3年生通年(電気磁気学I)と最後の4年生前期(電気磁気学II)を担当しています。泉先生を引き継いだ形となっています。

 電気磁気学の最終目標は、Maxwell(マクスウェル)方程式を使えるようになることです。

 さてただいま、大雨があるとはいえ夏盛りですが、年末になるとノーベル賞で世間は盛り上がります。毎年、「今年は日本人受賞なるか!?」・・・なんて、マスコミ大騒ぎ。

 でもね、これまでのノーベル物理学賞をぜ~~んぶ足しても、Maxwell方程式を見出したMaxwellさんには勝てないでしょう。それだけ、Maxwell方程式は凄いものです。(※Maxwellさん(1831-1879)はノーベル(Nobel)さん(1833-1896)よりも早くに亡くなられたので、ノーベル賞の対象とはなっていません。)

 人類が、古代ギリシャの昔から、いやもっと何千年も前の文字のない時代の昔から追い求めてきた、電気、磁気(磁石)、光それぞれの不思議を、Maxwellさんは、現在その名前を取ってMaxwell方程式と呼ばれているたった4つの方程式でまとめ上げました。1864年の話です。たった150年と少し前です。Maxwell方程式曰く、電気と磁気と光の根っこは同じだと。Eコースで学ぶすべての電気電子工学、いやもっと、世の中の電気と磁気と光は「すべて例外なく」、Maxwell方程式で説明することができます。

 また、世の中でよく知られているアインシュタインさん(1879-1955)の相対性理論の母体も、実はMaxwell方程式です。もしMaxwell方程式がなかったら、アインシュタインさんはどうなっていたのでしょうか。

 Maxwell方程式、凄くありません?

 Maxwell方程式のおかげで私たちは、夜中でも明るい部屋でクーラーを効かせてYouTubeを楽しむことができるのです。

 有明高専において、ガチでMaxwell方程式@電気磁気学をマスターできるのは、ここEコースだけです。

 しかしながらこの電気磁気学、数学の努力がちょっとばかり要るため、評判は芳しくないです。う~~ん。

 というわけで私、学生の皆さんを如何にして楽しくMaxwell方程式まで導くかを考える日々を過ごしております。